TAGGED IN

Visualization

Exploratory v5.0の新機能の紹介です。新しいUIデザインとエクスペリエンス、データラングリングの新しいUI、チャートのピン機能、マーケットバスケット、決定木、K-Meansクラスタリング、ダッシュボードなどです。
Learn what's new in Exploratory v5.0! New UI & Design, new data wrangling UIs, Decision Tree, Market Basket Analysis, K-Means Clustering, Chart Pinning, and more!
In this post, you will learn how to:

1. Install BIS Package
2. Write R Script with BIS Package to Download Data
3. Clean Up Data to Convert Text to Date
4. Visualize Data
5. Categorize Numeric Values / Create Bins
6. Handle Missing Values in Chart
Separate to Columns, Country Mapping with countrycode function, Unite Multiple Columns, Recode Country Names, Fixing Title name with if_else function, Visualizing Map with LInes, etc.
You can see how you can show the percent of total with the bar chart and also how to show the values on the plot area.
Some fruits like Blueberry, Lime, Mango, Avocado, etc. have increased their popularity among Americans over the last 40 years.
データをうまく可視化することによって自分に都合の良いストーリーを作り上げることができます。今回はエコノミストによって作られたチャートに隠された意図に迫ってみたいと思います。
Date / Time Aggregation
Aggregation Methods
Multiple Lines by Color
Multiple Lines by Multiple Columns
Multiple Charts by Category (Subplot)
Trend Line
Reference Line
Window Calculation Methods
Missing Values Handling
近年横綱になった力士(千代の富士から現在まで)の、横綱になるまでの番付を可視化してみました。Qiitaの記事「横綱の出世スピードを可視化したら、朝青龍が無茶苦茶早く、稀勢の里が異様に遅いのがわかった」(https://qiita.com/kei51e/items/dc57ba708ececd5af565) で使われているデータです。

データ元:Wikipediaの各横綱のページ。こちらの横綱一覧のページに、それぞれの横綱のページへのリンクがあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%B6%B1%E4%B8%80%E8%A6%A7
This post shows how you can configure the number formatting for various chart types.
国連の決議への投票結果データを用いて、各国間の関係性をベン図を使って調べてみます。
The 34361 men, women and children who perished trying to reach Europe.

Data Source:
https://github.com/ondata/the-list
I have visualized the places he visited for his three shows - No Reservation, Parts Unknown, The Layover - with Map.

The data was collected and shared by Christine Zhang (https://twitter.com/christinezhang)
It explains how to create a decision tree on Exploratory's Note using R packages.
ExploratoryのNoteを用いて、決定木を作る方法を紹介します。
Map Extensionストアからの地図のアップデートの仕方について書いてあります。
This is how you can upgrade the maps when they are upgraded at Map Extension Store inside Exploratory.
国連の投票記録に基づく国際関係についての分析を、Exploratory Desktopでどのように行ったのかを紹介します。
ヒートマップを使って、アメリカの日系人収容所の年間の平均気温データを可視化します。
Exploratoryのノート機能を使って、ワードクラウドを作る方法を説明します。
Explaning how to create a Word Cloud with Exploratory Note feature.
Finding locations from longitude/latitude data by using Google Maps APIs.
Finding locaitons from logitude/latitude data using boundary data with GeoJSON
それぞれの横綱の初土俵から現在まで(もしくは引退まで)の全ての場所の番付データをもとに、出世のスピードについて分析を行ってみました。
It explains how to use GeoJSON map on Exploratory.
No search result found
Loading