トレーニング By Exploratory
SaaS アナリティクス
データサイエンスを使って 効率的に サブスクリプション型ビジネスを 成長させるために KPIの構築から、 分析、 施策立案までの 手法を 身につけていただきます。
2019年 5月20日(月) 開催
現在、2019年5月に開催予定のトレーニングの受付をしております。詳細は下記にあります開催要項を御覧ください。

トレーニングの説明会/Q&Aを兼ねたセミナーを4月18日(木)に行います!こちらに詳細のページがありますので、興味のある方はご参照ください。
SaaSビジネスのためのアナリティクス
日本経済新聞が2018年を「SaaS元年」と称したことからも伺えるように、現在日本でもシリコンバレーのようにSaaSビジネスが盛り上がり始めています。
SaaSビジネスは毎月(または毎年)のサブスクリプションによる課金によって収益を得るモデルとなっています。これは従来型の売切り型のビジネスモデルとは大きく異なり、ビジネスの状態を知るための指標も大きく変わっています。
そこでMRR(Monthly Recurring Revenue / 月次収益)、Churn Rate(離脱率)、CLTV(Customer Life Time Value / 顧客生涯価値)、コンバーション率、CAC(Customer Acquisition Cost / 顧客獲得単価)などといった指標を定期的にモニターしていくことになるのですが、多くのSaaSビジネスではこうした指標をモニターするところまでは対応できているものの、そのあとの問題の解決または改善のための施策立案というところまでは手が届いてない、というのが現状のようです。
SaaSの本場シリコンバレーの企業は、ビジネスの改善のための施策につながる仮説をデータとアナリティクスから導き出し、検証・実行し、さらに先行指標を構築していくというプロセスを高速に回して、ビジネスを大きく成長させています。
そこでこの度、自らもシリコンバレーでSaaSビジネスを展開するExploratory社が、自分たちの経験も踏まえた上で、シリコンバレーでは当たり前となっているSaaSビジネスのためのアナリティクスの手法の習得を目的としたトレーニングを日本向けに開発しました。
本トレーニングは、SaaSビジネスで絶対に押さえるべき指標の基本からはじまり、それらの数値を深く理解するための探索的データ分析、さらに改善のための施策につながる仮説を導き出すためのアナリティクス、最後に先行指標の定義という、シリコンバレーのデータ先進企業で行われているデータ分析のプロセスを一から体系的に学んでいくものです。
本トレーニングの特徴
アナリティクス(データ + 機械学習・統計モデル)で仮説を検証し、将来の予測、因果関係の理解を実現し、効果的な施策を打つこと、さらには将来の指標をアップデートし続けられるようになることを目的とするトレーニングになります。
シリコンバレーをはじめ世界のデータ先進企業のデータ分析に携わる方たちに現在広く使われている、R言語のUIとして人気のあるExploratoryを使って、実際に手を動かしながらSaaSビジネスの改善に必要なデータ分析の手法を学び、実際のビジネスに活かしていただくことができます。
トレーニングで使われる教材とツール
トレーニングの教材は、Exploratory社がシリコンバレーで行っているデータ分析・ブートキャンプ・トレーニングの一環で使っているものをベースに、日本のSaaSビジネスのニーズに合わせて開発されたもので、トレーニングを受けたその日から実際にビジネスの現場で使えるものとなっています。
またトレーニング後に、データサイエンスの様々な手法がUIを使って直感的に使えるツールであるExploratoryの3ヶ月分の使用ライセンスが無償で提供されますので、トレーニングで身につけたデータサイエンスのスキルを実際の業務ですぐに活かしていくことができます。さらに利用ライセンスと共にサポートも付いてきますので、現場で利用する過程で出てくるであろう質問などにもExploratory社のスタッフ、もしくはExploratoryのユーザ・コミュニティが素早く対応いたします。実際のビジネスの課題を現実のデータを使って、日々解決していくことでさらなるスキルの向上が期待されます。
このトレーニングに向いている方
  • サブスクリプション(購読)型のビジネスに携わる方
  • ビジネス改善のための施策立案・意思決定をする立場にある方、またはその支援をしている方(営業、マーケティング、製品開発、カスタマーサクセスなど)
  • BIや既存の可視化ツールでの分析に行き詰まりを感じている方
  • データサイエンスを活用したデータ分析で因果関係に迫り、より良い意思決定をしたい方
  • これから本格的なデータ分析を始めようと検討している方
開催要項
このトレーニングは、朝9時から夕方6時までの1日コースになります。
日時 : 2019年 5月20日 (月) 9:00-18:00
会場: 未定 (渋谷または恵比寿周辺)
定員: 20名 (最小催行予定数10名)
受講料(税別): 49,000円

(教材費・3ヶ月分のExploratory Business版使用ライセンス込み)
3名以上まとめてお申込みの場合にはグループ割引があります。詳しくは下記お問い合わせ先までご連絡ください。
受付締め切り: 5月7日(定員になり次第、受付を終了いたします)
キャンセル料:
  • 実施の15日前以降: 受講料の20%
  • 実施の7日前以降: 受講料の50%
  • 実施の3日前以降: 受講料の100%
受講資格: 特に前提になる条件などはありません。データ分析、統計学などの知識のない方でも、強く学びたいという意識のある方であれば、どなたでも歓迎です。参加には、Mac(OSX 10.11以降)か、Windows(Windows7以降)のノートPC(無線LAN対応)の持参が必要になり、Exploraotryの事前インストールと、申し込み後に送付される事前チュートリアルの実施をお願い致します。
お問い合わせ先: 画面右下の緑色のチャットアイコンを押してチャットでお問い合わせいただくか、support@exploratory.io までメールにてお問い合わせください。
タイムテーブル
9:00 - 10:00
  • イントロダクション
    • データ・ドリブンの罠
    • ビジネスの意思決定のためのデータサイエンス
    • データとアナリティクスを使った問題解決のためのフレームワーク
10:00 - 11:00
  • SaaSビジネスの重要KPI
    • SaaSビジネスの重要KPIの整理
    • ビジネスダッシュボードによる可視化とモニタリング
11:00 - 15:00
  • 機械学習/統計 - ケース1
    • 顧客属性と行動データ分析
    • コンバージョン改善につながる仮説の構築と検証
    • 因果関係の構築
    • 参考分析手法:多変量解析、ランダムフォレスト、など
  • (途中、昼休憩あり)
15:00 - 17:40
  • 機械学習/統計 - ケース2
    • コホート分析
    • 顧客離脱の予測
    • 顧客生涯価値(LTV)を高める施策の立案
    • 参考分析手法:生存分析、Cox回帰分析、など
17:40 - 18:00
  • 総括、Q&A
スピーカー
西田 勘一郎 (CEO, Exploratory) Twitter
米オラクル本社で、16年にわたりデータサイエンスの開発チームを率い、機械学習、ビッグ・データ、ビジネス・インテリジェンス、データベースに関する数多くの製品を世に送り出すかたわら、世界中の企業へのトレーニング、コンサルテーションを通してデータ・ドリブンなビジネスを可能にするテクノロジーの民主化に努める。2016年初頭に、オープンソースの世界で起きているデータサイエンスの革新的な進歩を、世界の99%のプログラミングをしない人たちのもとへ届けるというビジョンのもと、Exploratory, Inc を立ち上げる。現在はExploratory, Inc.でCEO兼チーフ・プロダクト・オフィサーを務めるかたわら、データサイエンス・ブートキャンプ・トレーニング、日本でのデータサイエンス勉強会などの場を通してシリコンバレーで行われている最先端のデータサイエンスの世界への普及と教育に取り組む。
村里 郁哉 (Business Development, Exploratory)
外資系ITベンダーで100人を超える営業チームを率い、eCommerce、テレセールス、フィールドセールスなど多岐にわたるビジネスのマネジメント、プランニングを経験。社内外で蓄積された膨大なデータを活用してビジネスを成長させるためにはデータサイエンスに裏打ちされた意思決定が重要だと身を持って知る。現在はExploratory, incでビジネス開発に努めるかたわらデータサイエンス勉強会などの場を通して、机上の空論では終わらない本当の意味で活用できるデータサイエンスの普及に取り組む。
Loading